保湿クリームとセラミド

 

20代後半から、だんだん気になってくるのがシミ… 
20代前半まではシミなんて気にせずに、紫外線をたっぷり浴びて遊んでいたにもかかわらず、お肌の曲がり角をすぎると少しずつシミが出てきます。

 

サプリメントや、シミに効く食べ物を食べるのも大事ですが、肌に直接塗る化粧品に頼ることも大事です。しかし巷には美白化粧品が溢れかえっています。

 

ドラッグストアからデパートまでどれがいいのか分からなくなりますよね。そこで化粧品選びで大事なのは、どこにお金をかけるかを明確にすることです。

 

30代からの美白ケアについて

 

20代後半から美白のいいとこどり

 

25歳を過ぎて特に30代からはメラニンを撃退し、さらに保湿に力を入れましょう。 
といっても、化粧水にお金をかけるわけではありません。

 

もちろん1番良いのは化粧水、美容液、クリームまでお気に入りのブランドのシリーズをライン使いするのが良いのですが、そんなお金の余裕もないのが今の多趣味な30代…。

 

ほとんどの女性は年齢と共に肌の水分保有量は減少していくので、30代は乾燥肌、敏感肌になりやすいです。

 

引用:大人の美白ケア|30代の美白化粧品ランキング

 

というわけで化粧水はお金をかけずにドラッグストアで買うといいでしょう。そしてお金をかけるべきは、クレンジングと美容液です。クレンジングは1日のメイク汚れを落とすという、美肌を作るために最大任務を背負っています。しっかりお金をかけてあげましょう。
オススメはシュウウエムラの最終兵器の、クレンジング。美白も毛穴もすべて対応してくれます。

 

茶色いボトルのものです。オイルクレンジングですが、さらっとした指ざわりでくるくるメイクを落としていると角栓が取れて行くのが分かります。ダブル洗顔なので、忙しい30代女子にピッタリの化粧品です。そしてその次の行程で使う化粧水で最近オススメなのが「はとむぎ化粧水」大容量なのに800円前後で手に入ります。

 

はとむぎ化粧水

この化粧水をケチケチせずに、コットンに染み込ませます。(何枚か重ねてある、めくる大判コットンがベスト)そしてそのコットンを、おでこ?頬?あご?鼻にはりつけて数分間放置します。

 

この時乾かし過ぎないように注意しましょう。水分が蒸発せずに浸透するように、両手で顔を包み込むと、じんわり温かく水分も逃げすぎないので良いですよ。その後は大本命の美容液。

 

これも美白のものを選びましょう。

イプサの美白専門美容液

 

オススメはイプサの美白専門美容液。美容部員さんイチオシの商品です。イプサの美容会議でも、この商品を使ってシミがなくなったという美容部員さんのプレゼンが後をたたないようです。効果はこの美容液を2本使い切ったあたりから出てくるそうです。「まだ間に合う。あきらめないで下さい」という力強い言葉に、購入を決めました。

 

そしてう最後のクリームは、フタの役割なのでニベアで十分です。すーく丁寧にぬりこんであげましょう。これで美白ぷるぷる肌になることが間違いナシです。